季節シリーズ 

熱中症について
保健管理センター

熱中症とは高温多湿な状況下で生じた身体熱性障害を総称したものです。通常、熱けいれん、熱疲労、熱射病の3つに分けられています。
  熱けいれん・・・・・一般に体温上昇はない               
  熱疲労・・・・・・・・・体温上昇を伴う
  熱射病・・・・・・・・・体温上昇を伴う

熱中症の原因と症状

1.熱けいれん(heat cramp)

高温多湿の状況で短い期間に大量の汗をかき、それを大量の水分補給だけで済ませた場合に発生することがあります。水分補給のみで塩分補給がないため、電解質が不足して筋肉が有痛性のれん縮をきたします。

[症状]
大量の発汗、突然の強い筋けいれん、倦怠感。
けいれんは大腿四頭筋、ハムストリング、ふくらはぎに起こりやすい。

2.熱疲労(heat exhaustion)

大量の発汗によって水分と電解質が失われ、脱水状態に至ります。また体にたまった熱を放散させるため血管が拡張し、相対的にも循環血液量が減少します。処置が遅れると熱射病に進行する危険性があります。

[症状]
大量の発汗、頭痛、吐き気、めまい、寒気、倦怠感、強い口渇感。体温は40℃以下。

3.熱射病(heat stroke)

脳の体温調節中枢が機能障害を起こし体温調節が不可能となってしまった状態です。

[症状]
発汗が止まり、体温が危険なほど上昇する。熱けいれん、熱疲労の症状を呈した後に、発汗の消失、意識障害が起こってきます。体温は40℃以上で、もし体温が41℃以上になると全身の細胞障害が急速に進んで不可逆性の病態に陥ります。

熱中症の予防
 高温多湿な環境で激しい運動をし、水分・塩分の補給が不足すれば熱中症が発生しやすくなるという基本をおさえつつ、以下の点に注意をはらって予防を心がけてください。

@天候に注意し、高温多湿な日は適切に練習内容を変更する。

Aウエアを軽くし、なるべく装備を少なくする。
 ショートパンツ、Tシャツなどをの着用を励行する。装備は汗が蒸散するのを困難にするのでなるべく軽くする。ビニールスーツの着用は禁止する。

B熱中症にかかりやすい選手は指導者が十分に監視する。
 過体重の選手や体調のすぐれない選手は熱中症にかかりやすい。このような選手は厳重に監視し、15〜20分ごとに水分摂取のための休憩を与える。

C発汗によって失われた水分の補充を徹底する。
 感覚に頼らないようにする。発汗によって体重の3〜4%の水分が失われるまで、口渇感を感じないといわれている。

D普段から電解質の補充を心がける。
 ナトリウムやカリウムのような電解質も発汗によって失われる。これらを補充する最善の方法は、新鮮なフルーツと野菜を含む通常の食事を毎日とることである。バナナはカリウムを摂取するのによい食品である。また、食品に少々塩を振りかけることにより、ナトリウムを補充することができる。

熱中症の応急処置

1. 熱けいれん

・運動を中止して安静を保つ。
・ゆっくりと障害のある筋肉をストレッチングさせる。
・水分と塩分を補給する。
・けいれんが5分以上続くようなら、医療機関を受診する。
・けいれんと痛みが無くなり、走ったり、ジャンプしたりできれば運動に復帰してよい。

2.熱疲労

・涼しい日陰の場所で、横にして休ませる。脳への血流を確保するため足は挙上する。
・意識があれば冷たい水を十分に飲ませる。
・頚部、背部、心窩部などを氷で冷やす。
・短時間で回復したとしても、必ず医療機関を受診する。
・発汗により失われた体重が回復するまでは、スポーツ活動に復帰できない。
熱疲労にかかった当日は、絶対にスポーツに復帰してはいけない。
・もしも意識が低下したら、119番で救急車を要請する。
呼吸と脈と反応を10分ごとに観察し、必要なら蘇生法の用意をする。

3. 熱射病

・熱射病が疑われる場合は、その人を急いで涼しい日陰の場所に移動させる。
・119番で救急車を要請する。
・余分な衣服や装備をはずす。
・冷たく、湿ったタオルや冷水を浴びせるようにして、身体を冷やす。
・腋窩、頚部、背部、心窩部および下肢の間を氷で冷やす。
・呼吸と脈と反応を10分ごとに観察し、必要なら蘇生法を実施する。
・意識がある場合には冷水を飲ませる。

参考:「熱中症を予防しよう」 文部科学省、日本体育・学校健康センター編、 平成15年6月
    環境省熱中症予防情報サイト http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke/index.html